つまみ食いしたことがある男女について

過日、とあるWEB案内で、不義をしたことがないクライアントが14百分率という書き物を目にした。
吟味目標もあるし、さすがにその成績が全国の正確な成績だとは思わないが、それにしても低成績だ。
周りにも、大勢がいる。
不倫仲間先輩、不義先輩、二股積み重ねなど。

不倫通信なんて、次回から次に出てくる。

これらのイメージ的にもだが、大抵は、メンズの不義が取りざたされることがおおい。
きっと、実際の不義の個数も男性の方が多いのは真実だろう。

そういった不義のトピックスなど数多くあるが、わたしが今日気になったのは、女性の不義が増えてきている気がすることだ。

ここ最近、触れ合いの場所に出向くことも多いのだが、わたしはそんな状態決まってロマンス内容を振る。更に過去のカタチや、最長でどのくらいか、など。

で、ここひと月だけで何人もが
彼に不義されたことがある
と答えたのだ。

運だったのかもしれないが、驚いた。

女性の不義が男性に比べて乏しいのはもちろん、女性の不義は分かりがたいとよく聞く。
そんな中で不義された経験を持つ男性が立て続けにいるだなんて・・・。

そうして、露呈後の所作を聞くと、取り敢えず、世間でいわれている通り路、女性の不義露呈後に交際を続けたクライアントは聞かなかった。女性の不義のほうがばれ難い(?)が、ばれた時に改良できないのもインプレッションのようだ。
なんで、女性が不義するのか。
たいていは「寂しかった」「言い寄られたクライアントが再びキュートだった(一心不乱)」など、
メンズの不義ポイントとはまた異なる一面もあるのではないだろうか。
引き続き、男女の交際風土については個人的にも調べていきたい。借金したら債務整理は一度考えてみるといいです