会社と子育ての両立はどこまで可能か

現在2歳7ヶ月の双子養育に活躍中の奥さんです。懐妊後述、切迫早産で入院をするまでは某宿屋のセールスとしてばりばり働いていました。常時作動し続け、国内外からクライアントを招待する店舗なわけですから、残業は常識、クライアントから声がかかれば「はい、ただ今伺います!」と飛んでいく生活でした。そういった自分が懐妊、分娩を機に労働を辞め、わが乳幼児と毎日問わず向き合う中で、ついついこのままでいいのだろうかと考えることが増えてきました。一際双子養育って、何でも一時なんです。マンキャパシティーはもちろん、経済的にも受け持ちがでかい。おさがりとか使えないし、全てがイメージ以上と言うのが本心。幼子は可愛らしい、けれども二度と心の残りを持つためにも何だかまた働きたい。そんなふうに思うようになりました。ただ、復帰所が決まっていても保活に苦労している人が多いのに、双子養育しながら、労働探しと保育園探しは面倒。保育園を探したとしても、二人分の保育園金は最小限稼がないと赤字になってしまうし。そういう悪循環に生き方が陥り、何となく一歩踏み出せずにいます。さぞかし同じ妨害にぶち当たっているママはたくさんいるのでしょう。そういった意味では、再び、分娩を機に退職した奥さんが笑顔で世間復職できる背景、枠組みを整える必要があると感じるし、各国全体で法整備して欲しいなと願っています。育毛剤はコスパが最高です