自宅などの応急危険度判定について

熊本で自宅が倒壊するほどの揺れに見舞われて、特に被害が大きかった地域では、自治体が中心となって倒壊による二次被害を防ぐ為の応急危険度判定が行われました。

自治体の職員が被災地の住宅を回って、倒壊した住宅や倒壊の危険がある住宅の玄関などで色が付いた紙を貼っていました。

緑色の紙を貼っている場合は住宅に入っても二次被害の恐れが無いので、基本的には住民の方々が立ち入れます。黄色の紙が貼っている時には建物の倒壊の危険度が若干高いが、専門家や自治体の職員などと立会いながら住宅に入る事が可能です

赤色の紙が貼られていたら原則的に命に係わる危険度があるので、絶対に立ち入ることは出来ません。

tired of studying赤色の紙が貼られている家は倒壊している建物だけが該当している訳ではなくて、少しの揺れや風水害でも倒壊の危険性が高い住宅にも貼られます。

屋根の瓦が落ちていて、外見から見て地震による損傷が激しくなくても、自治体の人の判断でちょっとした出来事で倒壊の危険があると判断すると立ち入りを禁じられる事もあります。